大好きな人と結婚をして、子供ができて、クリスマスにはプレゼントを用意する家庭が多いかと思います。

子供にとってサンタさんの存在は、未知で、神秘で、とてもワクワクするものです。

私も小学生くらいまでその存在を信じていたのですが、いくつか親の行動に疑問を持つこともありました。

そこで、ここでは親が子供からクリスマスプレゼントを聞き出す方法などについて考えていきたいと思います。

 

 

目次

  • 子供にとってサンタさんとは?
  • 私が子供の頃にした挑戦
  • 自ら招いた絶望と敗北…
  • 聞き出すための作戦!

 

 

子供にとってサンタさんとは?

私が幼い頃はサンタさんをとにかく信じました

友達やいとこが「サンタさんはいないよ。親だよ」と言ってきたことがありましたが、全く信じませんでした。

そういう人たちにはサンタさんは来ないだけだと思っていました。

それだけのあることなんです。

そして、プレゼントをあげるならば、やはり子供が欲しいと思っているものをあげるのがベストだと思います。

子供たちにとっては年に1度の大イベント。

これを逃したら、また1年待たなければなりません。

1年は子供たちにとって長すぎるため、期待感は大きいのです。

 

 

私が子供の頃にした挑戦

私がサンタさんの存在を知ったのは幼稚園の頃です。

それ以前からプレゼントはあったかもしれませんが、おそらく記憶能力が備わっていなかったため、気付いていませんでした。

最初のプレゼントはサッカーボールでした。

リビングの机の上に置いてあり、たいそうビックリしました。

それからというもの、クリスマス近くになると親が「サンタさんから何がほしいの?」と聞いてくるようになりました。

これについて疑問には思っていなかったのですが、それと同時に「別に親に言う必要もないんじゃないか?」と考えるようにもなっていきました。

そこで私は小学3年生の時にある挑戦をしました。

親には欲しいものを伝えず、夜空に向かって何度も欲しいプレゼントを念じるようにしたのです。

サンタさんにこの気持ちが届くように…

 

 

自ら招いた絶望と敗北…

すると、クリスマス当日、全く思っていたものと違うものが届き愕然。相当なショックを受けたものでした。

これについてはその後、親と欲しいものを改めて買いに行くというなんとも間抜けな事態に陥ってしまいました。

そしてその1年後のクリスマス、、、

私がなんとなく、まだ一応サンタさんを信じていた小学4年生の頃に「サンタさんっていないの?」と親に聞いてしまいました。

親「いないよ…」

ビビッと脳に電撃が走りました。

よく考えたらこのくらいの歳に知っておいてちょうど良かったのかもしれませんが、当時はとても驚きました。

 

 

聞き出すための作戦!

子供は何を考えるか分かりません。

上記のような失敗を起こさせないためにも、一定のルールを決めておいたほうがいいかもしれません。

以前、大家族の番組でやっていた方法は、子供に、新聞にはさんである広告を見せ、欲しいものがあったら手紙に書いて箱に入れさせるというものです。

箱は作らなくてもいいと思いましたが、手紙に書かせるのはとてもいいアイディアだと感じました。

クリスマスツリーの横にでも置いてもらえれば確実に分かりますからね。

しかしこういうことは習慣です。

子供が小さい頃からこの方法を使っていないと、突然「手紙書いて」と言ったら不思議がります。

こういった少しの工夫で、子供たちに最高のクリスマスを迎えてもらいましょう!

Sponsored Link