「ネックレスをプレゼントしたいけど、値段はどうなんだろう?」

「このネックレスいいな。でもこの値段でいいんだろうか?」

「相場が分からないから選ぼうにも選べない!!」

こう悩んでる人は多いのではないでしょうか?

そこで、ここではネックレスの相場を考えて、最終的に予算にあったものを選んでいきましょう!

 

 

目次

  • ネックレスの平均的な相場は1万~5万
  • ネックレスの値段はどうやって決まるのか?
    • 複雑!ダイヤの価値はこう決まる!
    • ブランドのネームバリュー
    • 使われている金属で決まる
  • 総括

 

 

ネックレスの平均的な相場は1万~5万

これを見て、高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれの金銭感覚によるところが大きいですが、あらゆるブランドのネックレスを見てみると相場は1万~5万円です。

これは大学生や社会人からすれば、ちょっと頑張れば買える値段です。

ただし、中学生や高校生にとっては厳しいので、もっと安いもので十分でしょう。

 

 

ネックレスの値段はどうやって決まるのか?

平均的には1万~5万円と言いましたが、もちろん、それ以外の価格のネックレスもたくさんあります。

では値段はどうやって決められているのでしょうか?

複雑!ダイヤの価値はこう決まる!

ダイヤは以下の要素で決まります。

  • カラット数(質量:1カラット=0.2g)
  • カラー(無色か色が混じってるか)
  • クラリティ(傷の有無)
  • カット(うまくカットできているか)
  • 鑑定機関の判断 など

そのため、同じカラット数なのに、値段が違うことはザラにあります。

 

 

ブランドのネームバリュー

これは、どんなものにも言えることです。

知名度があるかないかで、値段も変わってきます。

腕時計で言うと、カシオとロレックスで価格が全く違うように、社名に価値を持たせているのです。

ダイヤの質は同じなのに、ブランドのネックレスは高いということもよくあります。

そのため、プレゼントしたい女性がブランドにこだわらないという人であれば、質重視で、ブランドを避けるのも1つの手です。

 

 

使われている金属で決まる

ネックレスのチェーン部分に使われている金属の種類で値段が変わります。

シルバー

⇒時間が経つにつれて酸化し、黒ずんでくる。磨くことで輝きは戻る。

 

ゴールド

⇒金属に、ゴールド色のメッキでコーティングすることによって表現されている。万が一剥がれてしまった場合は、コーティングし直すという選択肢がある。

 

プラチナ

⇒黒ずみにくいため、手入れの心配がない。価値があるため、値段は高い。

 

特にプラチナは他の素材に比べて値段が高くなります。

プラチナとシルバーは、よほどの目利きがある人でないと違いは分かりません。そのため、あまりお金が掛けられないという人はシルバーで十分です。シルバーが良くないということは全くありませんから。

 

 

総括

値段は色々な要素で決まるということが分かってもらえたかと思います。

ネックレスの相場は1万~5万円ですが、一番はプレゼントする相手の年齢自分の身の丈にあった値段のものを選ぶべきです。

 

定番ブランドからネックレスを選ぶ

 

安めのブランドからネックレスを選ぶ

 

大人な女性に合うネックレスを選ぶ

Sponsored Link