恋人とのクリスマスは年に1度のみ。

だからこそ思い出に残るような、あとになって笑って話し合えるような思い出にしたいですよね。

そこで、ここでは私がしたことのあるプレゼントの渡し方、今後してみたいサプライズな渡し方をまとめていきたいと思います。

 

 

目次

  • ドライブで別れ際に「忘れ物してるよ?」
  • メッセージカードとともに
  • サンタの帽子を被って登場
  • プレゼントを渡した後にお花を渡す
  • レストランで相手がトイレに行っているうちに…

 

 

ドライブで別れ際に「忘れ物してるよ?」

私はこれをしたことがあります。

デートでは普通に装い、最後の最後に渡すんですよね。

車で家まで送り届けて、相手が降りようとした時に「あれ?忘れ物してるよ?」と言い、プレゼントを渡すんです。

最初はかなり驚いたようでした。

ただし、何度もやってはダメです。

私は調子にのって、その次の年も「忘れ物してるよ?」といったら、「嬉しいけど来年はもういいよ…」と言われてしまいました。

サプライズをするなら毎年やり方を変えるべきですね!

 

 

メッセージカードとともに

これもしました。

100均で買ってきた画用紙でメッセージカードをつくり、それをプレゼントの入っている紙袋に入れて渡しました。

どんなメッセージカードかというと、思い出のデートスポットの建物を画用紙で形作って貼り、さらに2ショットの写真を何枚か切り抜いて貼りました。

手作り感が満載です。

でも、“手作り”なところを喜んでくれました。

 

 

サンタの帽子を被って登場

これは簡単ですし、クリスマスにいつかしてみたいと思います。

ドン・キホーテなどで相手の分のサンタ帽子も用意すればさらに雰囲気出ますね。

さらにクリスマスの曲も流してあげれば簡単クリスマスサプライズになります。

 

 

プレゼントを渡した後にお花を渡す

私は物よりも気持ちが大事だと思っています。

プレゼントだけでも気持ちは伝わると思いますが、相手に“自分の想い”を強く伝えたい時はお花が良いと思います。

プレゼントを渡した後に、「いつもありがとう」と言って、お花とともに気持ちを伝えれば忘れられない日になるはずです!

【花】ギフトに適したフラワーショップ一覧

 

 

レストランで相手がトイレに行っているうちに…

レストランの店員にあらかじめプレゼントを預けとくという案がありますが、私はシャイなのでできません。

でも、せっかく良いレストランに行くのが決まっているのなら、隙を狙ってサプライズしたいです。

そこで、ご飯を食べ終わり、相手がトイレに行っている間にテーブルの上に置いておくのです。

そして、相手が戻ってきて自然と気付くまで知らんぷりしておきます。

きっと気付いた時には驚いてくれるでしょう。

ただし、トイレに行ってくれなければ計画は失敗に終わります。

そこは賭けですよ。

 

そこまで頑張らなくても、小さなサプライズを考えて仕込めば、きっと気持ちが伝わります。

是非、良い思い出になるクリスマスを過ごしてください。

Sponsored Link