通常、クリスマスプレゼントを恋人に渡すタイミングと言えば24日か25日です。

しかし、人によっては早めにプレゼントを買ってしまって、「少し早めに渡そうかな」と考える人もいると思います。

そこで、クリスマスプレゼントはいつ渡せばいいのか、パターン別で考えていきたいと思います。

 

 

目次

  • 用意したプレゼントをクリスマス前に使ってほしい場合
  • すでに「○○日にプレゼント交換しよう」と決めている場合
  • 隠しておくのが落ち着かない場合

 

 

用意したプレゼントをクリスマス前に使ってほしい場合

例えばクリスマスプレゼントに手袋やマフラーを用意した場合がこれに当たります。

12月に入れば外はとても寒く、防寒具は必須です。

もし、あなたの彼氏・彼女が毎日寒い思いをしていると思ったら、プレゼントをクリスマス前に渡しても良いと思います。

なぜなら「恋人に少しでも快適に過ごしてもらいたい」と思っているからです。

もし渡す時に「最近すごく寒いからこれ使ってほしいな。少し早いクリスマスプレゼントになっちゃうんだけど」と言って渡せば、きっと喜んでくれるはずです。

その気持ちに感動してくれますよ。

 

 

すでに「○○日にプレゼント交換しよう」と決めている場合

実際にプレゼント交換の日程をしっかり決めているわけではないけれど、「予算は~~までね。」などの話の雰囲気から、同時に交換したいオーラが見て取れることがあります。

そうした時は、“クリスマスのお楽しみ”を重視していることが多いでしょう。

この場合は、焦ってプレゼントを渡すのではなく、クリスマスの時期まで辛抱しましょう。

楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

 

 

隠しておくのが落ち着かない場合

いざプレゼントを買ってしまうとソワソワして、クリスマスまで待てない人っていますよね。

でもそれ分かります。

早く相手の喜ぶ顔が見たいですもんね!

ただ、付き合いたてであれば、クリスマスなどのイベントを大切にされてはいかがでしょう?

人は何年も付き合っているとだんだんイベントにも慣れてきてしまうものです。

初々しいうちにクリスマスの雰囲気を存分に楽しみましょう!

逆に、もう何年もの付き合いで、そこまでイベントの日を厳守しなくても大丈夫なのであれば、早めに渡してあげてもいいと思いますよ。

しかし、街にクリスマスムードが漂い始めてからのほうが「クリスマスプレゼントもらった!」という気持ちになりますよね。

 

 

相手が一番喜ぶと思うタイミングを見つけてみましょう。

Sponsored Link